株式会社SALTO

ガラスが吹き荒れる星

更新日:2017.02.27
Pocket

こんにちは空を飛ぶことを夢見る羊の雪未です

宇宙に地球よりも青い星があるのをご存じでしょうか?
今日はとある星のご紹介です

群青色の惑星「HD 189733b」

[alt属性を入れる]
[出典: NASA, Image Credit: ESO/M. Kornmesser]

深い海が有りそうな、水の星かと思いきや・・・?

何とこの星は、

「灼熱の大気と横殴りのガラスの雨が吹き荒れる」

想像を絶する惑星なのです

■灼熱の星がなぜ青いのか?
この星の大気は主成分がメタンやガラスの原料であるケイ素の粒子によるもので
その大気中の水分子が赤い光を吸収し、青を散乱させる性質がある
これは海や空が青く見えるのと同じ原理です
ちなみに恒星の光が当たる側の大気の温度は1000度超えるそうです

■横殴りガラスの雨の速度が規格外?
ガラスの雨が降るだけでも十分想像し難い光景なのに、横殴り雨の吹く速度も絶望的なのです
なんと、時速8600kmで吹きつけるそうです

■時速8600kmはどれぐらい速いのか?
1秒に置き換えると約2.4km進む計算ですがイマイチピンと来ません
地上を走る乗り物で世界最速で探してみたところ、真空リニアモーターカーが時速4000kmでした
この速さから2倍も速いガラスの雨…傘はもはや塵と化すでしょうね

[alt属性を入れる]
出典: NASA / Galaxy of Horrors (Rains of Terror)

■惑星の詳細
HD 189733b
こぎつね座の方向 63光年

この惑星は「ホットジュピター」と呼ばれる巨大なガス惑星の一種で木星よりも大きい
主星(地球でいうと太陽)から極端に近いところをたった2.2日で公転するため、熱せられ灼熱の大気となっている
昼夜の温度差が大きいゆえに激しい気流が吹き荒れているらしいとのこと
夜は冷えるため液体だった大気中のケイ素が固体つまりガラスになり降り注ぐ

■もしも、この星で天気予報をするとしたら!?
「今日は日中は1000度を超え、一日中暴風が吹き荒れる曇り空でしょう。夜は冷えるため、横殴りのガラスの雨にご注意ください」
週間天気予報も向こう一週間はガラスの雨てな感じでしょうか

宇宙旅行はいかがでしたでしょうか?
空を見上げた先にある壮大な…いや壮絶な青き星に心をワクワクさせてみてはいかがでしょうか
宇宙の神秘をあなたに届け