株式会社SALTO

聴いている音楽によって、人の…

更新日:2017.08.07
Pocket

こんにちは

藤P

の知識の種(ネタ)コーナーです!
自分の「知らなかったこと」を「知った」瞬間に人生が面白くなりますね
 
さて、第二回も人体の不思議よりご紹介です
 
 
 
人体の不思議より

[alt属性を入れる]

「聴いている音楽によって、人の心臓の鼓動は変わる」
 
 
世界中の人達が音楽を愛し、音楽に心を動かされています
ロックなどの激しい音楽を聞くと、興奮し息が荒くなり心臓の鼓動も早くなります
逆にクラシックなどの穏やかな音楽を聞くと
落ち着き呼吸もゆっくりとなり心臓の鼓動も遅くなります
 
 
音楽を聴いたことがある人なら、既に「わかる!」と納得して戻るボタンを押す前にちょい待ちなされ
これだけで藤Pが記事にすると思いますか?
そうです、調べてみると面白い発見があったとので記事にしました
 
 
 
もう1点種があります
 
 
実は・・・
「歌う曲によって、人の心臓の鼓動も変わる」
 
 
これは曲の作用をカットして、アカペラで歌っても変わるようです
つまり聴いて曲による作用ではなく、歌う時の呼吸や気持ち(神経系の作用)により
心臓の鼓動が変わるからです
 
で、じゃあ皆で歌うとどうなるかと言うとなんと皆の鼓動が同じリズムに変わるのです
 
When Choirs Sing, Many Hearts Beat As One
http://www.npr.org/sections/health-shots/2013/07/09/200390454/when-choirs-sing-many-hearts-beat-as-one
※海外の記事です。
 

 
上の動画で、最初はバラバラだった心臓の鼓動を表す線が、バラバラなものから、見事に一致する様子が捉えられています
 
日本語で合唱や合奏でハーモニーをつくりだすことをハモるといいます
ハモるととても気持ちのよい一体感を人を満たしますが心臓の鼓動まで一体化してたなんてちょと不思議で素敵なことです
 
仲良くなりたい人とは同じ音楽を聞き、同じ歌を歌うのは一体感が生まれますのでとてもいい方法です
なにせ心臓の鼓動までも相手と同じになるのですから、心と体で相手と繋がれます
ぜひ、皆様も

“Hearts Beat”

してみてください!
 
今回の種はここまでです
 
この世界にはまだまだ知らないことが沢山あります
当たり前と思っているようなことでも、実は知らなかった真実が眠っています
1つずつ知っていきましょう、知ることはあなたの人生を豊かにします